美白化粧品の上手な選び方と使い方

美白化粧品の上手な選び方と使い方を角度を変えて見て見ました。

そもそも美白化粧品とは?

一般的に美白化粧品とはメラニン色素の生成を抑えシミ・ソバカスを防ぐ化粧品を意味します。また、これらの効能に類似した医薬部外品を意味しますが、美白化粧品を公にうたうためには厚生労働省が認めた美白有効成分が含まれていなければなりません。厚生労働省が認めた美白有効成分は、アルブチン・コウジ酸・ビタミンC誘導体・ルシノール・トラネキサム酸など10数種類です。これらの美白有効成分はシミ・ソバカスの原因であるメラニン色素の生成に重要な役割を果たすチロシナーゼという酵素に働きかけて、メラニン色素の生成を抑えることができることが確認されています。
また、ハイドロキノンなどの漂白作用によって、直接的にシミ・ソバカスを薄くする美白化粧品もあります。
只、一昨年にニッセンが行った美白化粧品の調査によりますと、現在の一般的な美白化粧品の美白効果に満足していない女性の本音が浮き彫りになっています。最も注目される調査結果は、48.5%の女性が「自分が使っている美白化粧品で美白効果がなかなか表れない」との不満を持っています。この不満の原因の1つが、薬事法上の美白の定義がシミ・ソバカスを対象にしているのに対して、ユーザーの女性は美白化粧品にシミに限らず肌の透明感やクスミを取ることも求めていることが考えられます。

<医薬品と医薬部外品と化粧品の違い>を読む

スタッフ推薦のページ

医薬品と医薬部外品と化粧品の違い
【美白化粧品の上手な選び方と使い方】

もっと読む

ハイドロキノン化粧品で対策を美白に役立つハイドロキノン化粧品は、様々な会社から販売されています。選びやすいのは、口コミのあるこちらのサイトです。
美白化粧品選びを始めるいい美白化粧品は、自分だけで探すより評価を参考にすると選びやすいです。こちらのサイトは、ランキングがあります。
ビーグレン|口コミと感想。ニキビ・しみ・しわ対策でビーグレンを検討している方へ。ビーグレンの口コミと感想が沢山掲載されています。ニキビ・シミ・シワ、一つでも気になる人はチェックしてみてください。